小説の時代

 '88年発行の「創価文学」第35号に発表した「テラリウム」という作品が自分では小説第1作のつもりだったのですが、刷り上がった同人誌の目次では「詩」の項に並んでいました^^;)。人称や構成へのこだわり、SF指向、実験的方法など、後の「黄昏の神」につながる傾向がすでに認められます。

 その後も同人誌にSFもどきを発表し続けましたがさしたる反響もなく、SFマガジンのコンテストに応募したりもしましたが鳴かず飛ばず。たまたま新聞で目にしたパスカル短編文学新人賞の記事を見て応募したのがパソコン通信やがてインターネットに関わるようになったきっかけです。

 相変わらず賞とは無縁ですが^^;)、これからも(たぶん)実験的な小説を書き続けるつもりです。

作品リスト

小説関連のリンク


HOME

taku@medical.email.ne.jp(Taku Nakajo)
last updated at'98/8/16