KOBAYASHI Koji

JALINET INDEX 著作リスト 猫鮫電脳日記 House-Hunting

PROFILE

photo by (C)1990 Kishin Shinoyama

小林恭二 (こばやし・きょうじ)

 1957年11月9日、兵庫県西宮市に生れる。東京大学文学部美学芸術学専修課程終了。在学中は 「東大学生俳句会」の一員として活躍。1984年「電話男」で第3回海燕新人文学賞受賞。1985年 「小説伝」が第94回芥川賞候補となり、最も注目される新世代作家の一人となる。1987年、初の 長編小説「ゼウスガーデン衰亡史」(第1回三島由紀夫賞候補作)では、ジャンルにとどまらない 反響を呼び、若手作家No.1の地位を固めた。小説の他、紀行(酒・温泉)、歌舞伎、読書、茶の湯 等を題材にしたエッセイ「〜日記」シリーズは一般読者は勿論のこと業界内にも熱狂的な読者を 持つ。また、いまだ重版を続けるロングセラー1981年「俳句という遊び」は各界から絶賛され、 昨今の俳句(句会)ブームの仕掛人のひとりと評されている。講演、TV出演も多く、最近話題にな った CXのゲーム番組「征服王」「たほいや」にレギュラー出演、NHK教育「人間大学」では 「芭蕉」を語った。今、新しい世代から最も注目されている作家である。最新刊は「猿簑倶楽部 (激闘!ひとり句会」(朝日新聞社)。

(連載)「読売新聞」書評 (読書委員)
   「なごみ」 (淡交社) 「数奇者日記」

(以上1996年3月現在)


INDEX 著作リスト 猫鮫電脳日記 House-Hunting