カメ天国通信


その103

【カメ人間日記】
(2005年1月前半)

一月一日(土)
 商店街を抜けて近所の神社に初詣。小さな神社だが、けっこうな人出である。お参りの行列が外まで続いていた。
 夕方、スーパー玉出で安売り商品を買い込む。なかなかの大漁。水色の夕空にたくさん黒い雲が浮かんでいる。ようやく冬らしい空になった。
*手巻き寿司、大根の煮物、大根の葉のキンピラ、柿。

一月二日(日)
 ひさびさにパスタマシンを出してきて手打ちパスタを作った。
*海老のタリアテッレ、サラダ、洋梨。

一月三日(月)
*雑煮、山芋短冊、サラダ、大根煮物、伊達巻、小松菜とほうれん草のおひたし。

一月四日(火)
 鶴橋あたりを散歩。またしてもお菓子を大量に買いこんでしまう。
*白マイタケとほうれん草のタリアテッレ、カニカマボコとセロリのサラダ、サラダ、パン、伊達巻、洋梨。

一月五日(水)
 巽あたりを散歩。またしてもお菓子を大量に買い込んでし まう。冬はチョコレートが安いのである。
*鰻丼、サラダ、山芋短冊、大根と卵の煮物、甘栗。

一月六日(木)
*キムチチゲ、甘栗。

一月七日(金)
 巽あたりを散歩。
*ハヤシライス、セロリとカニカマボコのサラダ、マッシュポテト、リンゴ、甘栗。

一月八日(土)
 天王寺あたりを散歩。途中、ミズノのマキシマイザーというランニングシューズがなんと二千円で売っているのを見つけ、大喜びで購入する。いろんなランニングシューズ試してきたが、現時点ではこのミズノのマキシマイザーがいちばん具合がいいようだ。たぶん私の足の形に合っているのだろう。
 夜、ひさしぶりに一時間ほど走る。
*鯖塩焼き、白米、味噌汁、うにくらげ、数の子、サラダ、山芋短冊、栗きんとん、バームクーヘン。

一月九日(日)
 妻の友人が来宅。ひさしぶりにタコ焼き器を出してくる。昼過ぎから夕方までうだうだうだうだ食べては焼き、焼いては食べ続ける。
*タコ焼き、栗きんとん、白米、味噌汁、うにくらげ、烏賊数の子。

一月十日(月)
 故あって森之宮まで歩いて往復する。
*ハヤシライス、サラダ、バームクーヘン。

一月十一日(火)
 巽のあたりを散歩。
*石狩鍋、栗きんとん。

一月十二日(水)
 夕方、散歩。途中、雪がちらつくがすぐにいい天気になった。このあたりには変な店がたくさんある。
*ハヤシライス、サラダ、小松菜とうす揚げの煮浸し、アンダギー、バームクーヘン、リンゴ。

一月十三日(木)
*石狩鍋、銀杏、栗きんとんケーキ。

一月十四日(金)
 民族学博物館のアルバイト繋がり新年会。
会場は、スタイルのサックス奏者・井上智士氏宅。例によって井上君が、なかなかに凝った料理をいろいろと作ってくれる。インドの笛やらウクレレやらチャルメラやらを出してきて皆でわあわあぷうぷうと夜中まで楽しく過ごす。
*生ハムとマンゴー、炙り蛸、オクラと茄子の梅肉あえ、豚肉とハマチと白菜と豆腐の鍋、水菜とジャコのサラダ、蛸の吸盤、まーぼ豆腐、うどん、竹輪、揚げ天、しゅうまい、イチゴ、ロールケーキ、シュークリーム、バナナケーキ、エスプレッソ。

一月十五日(土)
*玄米、味噌汁、サラダ、海老胡桃、うにくらげ、烏賊数の子、コロッケ、文旦、栗きんとんケーキ、シュークリーム、バームクーヘン。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラス ト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]