カメ天国通信


その121

【カメ人間日記】

十月一日(土)
 夜、劇団の稽古。
*豚汁、玄米、冷奴、もろきゅう、ミルクレープ、洋梨。

十月二日(日)
 夜、劇団の稽古。
*玄米、クリームシチュー、水菜とレタスのサラダ、ミルクレープ、洋梨、マンゴー、苺アイスクリーム。

十月三日(月)
 夜、一時間ほど走る。
*白米、クリームシチュー、ポルチーニと水菜とレタスのサラダ、ミルクレープ、洋梨。

十月四日(火)
 夜、劇団の稽古。
*鰯とレタスのスパゲティ、水菜と胡瓜と玉葱のサラダ。

十月五日(水)
*ちらし寿司、野菜スープ、レアチーズケーキ、ブルーベリー。

十月六日(木)
*ラムと野菜の炒め物、玄米、野菜スープ、レアチーズケーキ、ブルーベリー。

十月七日(金)
*ラムチョップ、ほうれん草と蒟蒻のバター炒め、野菜スープ、水菜とレタスと胡瓜のサラダ、白米、レアチーズケーキ、ブルーベリー。

十月八日(土)
 京都SFフェスティバルに行くために、京橋から京阪電車に乗ったところ、ぽたぽたぽたと水が落ちてくる。はてな、と天井を見上げると雨漏りしているではないか。さすがは京都だ。「はてなのおけいはん」である。
 本会と合宿、例によって文化祭のようなだらだらした心地よい時間を過ごし、夜遅く、鳥を見た。
*生ビール、チキンカツ定食。

十月九日(日)
 例によって大広間で明け方までぐだぐだと世間的には本当にどうでもいいような話をして、そのまま喫茶店とカレー屋で小林泰三さんから仮面ライダーとウルトラマンの話を延々聞かされるのも例年通り。
 夜、SFマガジンのS澤さんと牧野修さんと田中啓文さんといっしょに梅田で飲む。いちおう打ち合わせという名目だったが、何を打ち合わせたのかさっぱりわからない。とりあえず楽しかったのでいいのだが。
*生ビール、胡麻豆腐、とかいろいろ。

十月十日(月)
*鶏とカボチャのお粥、小松菜と揚げの煮浸し。

十月十一日(火)
 夜、劇団の稽古。
*ちらし寿司、鶏と野菜のスープ、葡萄。

十月十二日(水)
 夜、五十分ほど走る。
*レバーと野菜の炒めもの、玄米、味噌汁。

十月十三日(木)
*ドリア、水菜とレタスと玉葱のサラダ、スイートポテト。

十月十四日(金)
 ブルーモンクという店にライブを聴きに行く。前回と同じくベースなしの編成。それにしても、どこをどうやったらあんな音が出るのか。あんな音を二メートルの距離で聴けるというのは贅沢なことだなあとつくづく思う。
 それにしても客が少ないのがもったいない。まあ大阪に文化はないからなあ。終わってから、サックスの向原さんに「日記に書いてあるご飯って、あれで三食分なんですか?」と尋ねられたから書いておくが、晩飯の分だけです。朝と昼の分はめんどくさいので書かないがけっこういろいろ食べてます、パンの耳とか。
 唐口一之(tp)  向原千草(as) 須藤雅彦 (g) 弦牧潔(ds)
*ドリア、水菜とレタスと玉葱のサラダ、スイートポテト。

十月十五日(土)
 ほんとうは稲刈りで田舎に帰るはずだったのだが、雨で来週に延期。それにしてもよく降るなあ。
*ニギスと野菜の天麩羅、ほうれん草のお浸し、白米、スイートポテト。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]