カメ天国通信


その136

【カメ人間日記】
(2006年6月後半)

六月十六日(金)
 SF作家クラブの温泉宴会である。それにしても小諸は遠い。電車のなかでは、ずっとビル・クロウの「ジャズ・アラクネドーツ」を読んでいた。やっぱり宴会は泊まりがけがいい。

六月十七日(土)
 夜、大阪に帰ってくる。電車のなかでもずっと「ジャズ・アラクネドーツ」を読んでいた。
*チキンコルマ、白米、味噌汁。

六月十八日(日)
*茄子と蓮根のトマトソース・冷製パスタ、玉葱と大根とトマトのサラダ、味噌汁。

六月十九日(月)
 妻がイラストの締め切り間際なので、子供をずっと見ていなければならず、まあ公園に連れていって歩かせて、その横でトランペットの練習でもしようと思ったのだ。ところが、ラッパを出して吹き始めてわずか5秒でわらわらとやってきた小学生に取り囲まれてしまう。「これなに?」「トランペット」「千と千尋吹いて」「よお吹かん」「ミッキーマウスは」「吹かれへん」「何吹けるの?」「何にも吹かれへん」「昔吹いてたん?」「今吹いてるやないか」「趣味?」「うん、趣味」「ここ伸ばして」「それはトロンボーンやろ」「なあなあ、千と千尋吹いて」「吹かれへん言うてるやないか」「これ、自分の子供?」「そう」「結婚してんの」「してる」「年は」「44」「子供の年やがな」「1歳5ヶ月」「なあ、千と千尋吹いて」「そやから吹かれへん言うてるやろ」
 とりあえず、千と千尋が吹けなければあの公園には行けそうにない。それにしてもあんなウルトラQに出てくるみたいな小学生、今でもおるんやなあ。
*焼き豚と玉葱の炒め物、五穀米、トムヤムスープ、玉葱と大根とトマトのサラダ。

六月二十日(火)
*蓮根とプロッコリーのスパゲティ、豆乳スープ、玉葱と大根とトマトのサラダ、プリン。

六月二十一日(水)
*角煮、小松菜のお粥、水菜と玉葱のサラダ、煮卵、プリン。

六月二十二日(木)
*人参の葉と蓮根と塩豚の炒め物、味噌汁、白米、水菜と玉葱のサラダ、プリン。

六月二十三日(金)
 夜、ひさしぶりに一時間ほど走る。
*角煮、白米、水菜と玉葱のサラダ、ほうれん草のお浸し、味噌汁。

六月二十四日(土)
 京橋へジャムセッションに行く。今日もなんかわけのわからんまま終わってしまった。なかなか思うようにはいかないものである。まあそれがわかるだけで収穫だが。
*バゲット、トムヤムスープ、サラミ、チーズ、紅茶。

六月二十五日(日)
 朝から劇団関係の用事。
*茄子とゴーヤのスパゲティ、水菜と玉葱のサラダ、トムヤムスープ。

六月二十六日(月)
 劇団の稽古場で唐口さんからトランペットのレッスンを受ける。このところ、ずっとブルース。
*バゲット、焼肉、野菜と塩豚のスープ、赤ワイン。

六月二十七日(火)
 夜は劇団の稽古。
*カレーライス、コールスロー、ヨーグルト、ナタデココ。

六月二十八日(水)
*カレーライス、人参の葉と塩豚の炒め物、コールスロー、ヨーグルト、ナタデココ。

六月二十九日(木)
*焼き豚と大根の葉の炒め物、海葡萄、五穀米、蜆の味噌汁、わらびもち、餅麩団子。

六月三十日(金)
 夜は劇団の稽古。
*カレーライス、大根とトマトと水菜のサラダ、ヨーグルト、ナタデココ。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]