カメ天国通信


その145

【カメ人間日記】
(2006年11月)

十一月一日(水)
 夜、一心寺シアターのワークショップに行く。当たり前のことだが、基礎を復習するというのは、やはり有意義である。なんとなくわかったつもりになってやっていることは、放っておくとすぐに雑になってしまうのだ。
*キャベツと人参と塩豚の炒め物、発芽玄米の黒豆ご飯、味噌汁、納豆、人参の葉の炒め物、キムチ、大根と水菜のサラダ。

十一月二日(木)
*白米、チゲ。

十一月三日(金)
 ひさしぶりにラッパを風呂で丸洗いする。
*発芽玄米の黒豆とサツマイモご飯、キャベツとピーマンと人参の炒め物、かぼちゃと蓮根のバター焼き。

十一月四日(土)
 あさってから旅行で三週間ほど日本を離れるので、留守番としてベランダに残していく亀の甲羅洗いの儀を行う。もちろん作法通り、亀の子タワシを使用する。
 亀よ、留守を頼んだぞ!
*黒豆ご飯、ラディッシュの浅漬け、キャベツと蓮根と塩豚の炒め物、蓮根の甘酢漬け。

十一月五日(日)
*発芽玄米、サーモンのバター焼き、大根の浅漬け、サツマイモとかぼちゃとジャガイモのガレット。

十一月六日(月)
 早朝、リュックを背負いベビーカーを押して、関空へと向かう。


*****************

 旅行中。

*****************


十一月二十九日(水)
 昼過ぎ、無事に大阪へと帰ってくる。ベランダの亀も無事。よかったよかった。今回は、ショートショートを五つと、短編をひとつ書いた。まあノートに殴り書きしたみたいな下書きですが。短編はカメリ。パリだし。やっぱり旅行に出ると変なものが書けるな。
*柿の葉寿司、サンドイッチ、他、ありあわせのもの。

十一月三十日(木)
 時差ぼけで一日ぼんやりしていたのだが、よく考えたら普段とあまり変わらず、もしかしたら時差ぼけは関係ないのかもしれない。
*卵焼き、かぼちゃの炒め物、白米、トマトスープ。



無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]