カメ天国通信


その151

【カメ人間日記】
(2007年2月後半)

二月十六日(金)
 去年の暮れあたりから一心寺シアターの演劇塾に、生徒のひとりとして参加しているのだが、その発表会みたいなものをやったのである。その場でいきなり、シチュエーションとか言わなければならない台詞とかを与えられて、アドリブで短い芝居をやるのだが、こ ういうのはほんまに苦手で、アドリブなんかできないからこそ台本のある芝居をやってるんですけど、というところもあるし、そういう弱いところをなんとかしようと思って稽古をしているだけなのに、そんなものをお客さんの前でやらなければならなくなって、ずっ と気が重かったのだが、まあ幸いにしてお客さんが途中で怒り出すこともなく無事に終わったみたいなので、まあとりあえずは、やれやれなのである。
 実際、即興とかアドリブというのは、その場で作るというよりは、これまでに蓄えてきたものを高速で検索し、使えそうなものを選択して最適化し即座に肉体化する、という能力なのだろう。場数を踏むことで頭の中にそういう回路ができるから、ある程度はなんと かなるが、でも慣れるとすぐに使う手が決まってしまうし、まあその先は、どれだけ蓄えているかなのだろうなあ。
 こういう訓練が演技というものにどれだけ役立つかというのは正直なところ疑問ではあるのだが(例えば、大喜利でおもしろいことを言える人の演る落語が必ずしもおもしろいとは限らない。まあどっちもおもしろい人はいるが。)それでも、そういう回路を自分の中に作ってしまうことは、芝居に限らず役に立つ訓練であることには違いないと思う。とくに何かを作る場合には。まあだからこそ、生徒をやっておるわけですが。
*角煮、煮卵、小芋と蒟蒻の煮物、水菜、玄米、バナナ、蜜柑。

二月十七日(土)
*菜の花とムール貝のスパゲティ、大根と水菜のサラダ。

二月十八日(日)
*手巻き寿司、味噌汁、大根と水菜のサラダ。

二月十九日(月)
 夕方、一時間ほど走る。
*角煮、煮卵、白米、小芋と葱の煮物、ブロッコリーと蕪の炒め物、味噌汁、大根と水菜のサラダ。

二月二十日(火)
*角煮、煮卵、玄米、小芋と葱の煮物、味噌汁、大根と水菜のサラダ。

二月二十一日(水)
 子守唄がわりに、何気なく「海のトリトン」を歌っていたら、気に入ったのかすぐにいっしょ歌いはじめて、こうしている今も「ごーごー」と歌うと「とりっとん」と返してくれるようになった。さすがに名曲は違うなあ。
*菜の花とキャベツとブロッコリーとえのき茸の大蒜炒め、白米、煮卵、大根と小芋と蒟蒻の煮物、味噌汁、大根と水菜と金柑のサラダ。

二月二十二日(木)
*手打ちタリアテッレ・ジェノベーゼ、パン、大根と水菜のサラダ、味噌汁。

二月二十三日(金)
 夕方、五十分ほど走る。
*にら玉、菜の花と大蒜の炒め物、大根と水菜のサラダ、玄米、レバーと野菜の炒め物、おから、煮干の煮付け、味噌汁、林檎。

二月二十四日(土)
*菜の花と人参と玉葱の炒め物、玄米、おから、大根と水菜と金柑のサラダ、煮卵、小芋の煮物。

二月二十五日(日)
 民族学博物館のアルバイトの打ち上げに家族三人で参加する。もっとも、今回はバイトに行っていないのだが。このメンバーで飲み食いするのは楽しい。それにしても自転車率が高いなあ。
*韓国料理いろいろ。

二月二十六日(月)
 午後は劇団の稽古場でトランペットのレッスン。練習曲は FUNK IN DEEP FREEZE 。
 夜、フェスティバルゲートのブリッジでの三田村管打団?のメンバーを中心にしたライブを観に行く。ゲストは「STYLE」。ひさしぶりの「STYLE」はやっぱりよかった。売れ線だと思うのだがなあ。
 会場の床にはでかいクラゲみたいなビニールが動いていたり他にもまあいろんな変なものがいっぱいあって、そういう舞台装置も音ももりだくさんで、とにかく楽しかった。いや、それにしても大勢でぶかぶかどがちゃがやっているのは、本当にいいなあ。三田村管打団?(?も名前の一部です)を聴くのは初めてだったのだが、曲も演奏もかなり好み。財政破綻してほとんど廃墟と化したフェスティバルゲートのてっぺんで、まったくお金にはならないであろうこんなへんてこでおもしろいことが行われているというのはなかなかよろしいと思う。
 こういう世界を知ったのも、自分よりもだいぶ若い何人かのミュージシャンと知り合いになったのも、民族学博物館のアルバイトのおかげで、でもそのアルバイトに行くようになったのはその前にトランペットを吹くようになったからで、トランペットを吹くようになったのは劇団に入ったからで、なんというか縁というのは、偶然だけではちょっと考えられないようなことがけっこうあってなんとも妙なものだなあとつくづく思う。
*鴨のコンフィと菜の花のスパゲティ、大根と水菜のサラダ、味噌汁。

二月二十七日(火)
*炊きこみご飯、菜の花の炒め物、蕪の葉のきんぴら、味噌汁。

二月二十八日(水)
*菜の花のと蕪の大蒜炒め、牛肉と玉葱の炒め物、玄米、蕪の葉のきんぴら、味噌汁。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]