カメ天国通信


その184

【カメ人間日記】
(2008年8月前半)

八月一日(金)
 妻が朝から地図を見て、自転車で行けるかなあ、どうかなあ、などとぶつぶつ言っている。なんでも、八尾空港がPLの花火見物の人のために開放されているらしい。地図で見たところでは、自転車で一時間くらいで行けそうである。なんとも酔狂なことだなあと思いながらも、保育園から帰ってきた娘もいっしょに、夕飯のあと三人で行ってみることにする。
 地図を片手になんとか八尾にたどり着くと、近所の人たちが空港とは違うほうにぞろぞろと歩いている。どうやら大和川の土手からの方がよく見えるらしい。
 なるほど土手の階段を上ってみると空が広い。ぽんぽんぽんと彼方から伝わってくる音とともに低い空にいろんな色の光が見える。
 八尾と富田林は、かなり離れているのだが、それでも打ち上げる数が尋常ではないので、けっこうよく見える。常に何十個もの光の輪が地平線近くの空で弾けているが、距離のせいで音と光はだいぶずれている。
 ゴジラとガメラが戦っているところを隣の市から眺めたらこんな感じではなかろうか、とか思いながら見ていた。
 最後の大爆発は、向こうの空が夕焼けみたいに真っ赤になって、ああついに決着がついたか、という感じでなかなかよかった。
*炒飯。

八月二日(土)
 夜、バンドの練習。明日は本番。
*カレーライス。

八月三日(日)
 京都は熱風が吹いていた。西院駅でおりてのたのたと春日幼稚園へ行って、ビッグバンドでトランペットを吹いた。いやそれにしても、吹けんなあ。もうちょっとなんとかならんかなあ、ほんま。
*打上げの場にあったもの。

八月四日(月)
*素麺、茄子と万願寺の天麩羅、西瓜。

八月五日(火)
*烏賊の醤油漬け、白米、レタスと万願寺とトマトと玉葱のサラダ、味噌汁、西瓜。

八月六日(水)
*鯵の香草焼き、黒米入り玄米、レタスとトマトと玉葱のサラダ、味噌汁、西瓜。

八月七日(木)
*カボチャと茄子のタイカレー(グリーン)、黒米入り玄米、焼き餃子、西瓜。

八月八日(金)
*カボチャと茄子のタイカレー(グリーン)、サムズライス(アメリカ米)、ポテトサラダ、レタスとトマトと玉葱のサラダ、西瓜。

八月九日(土)
*素麺、西瓜。

八月十日(日)
*空芯菜と茄子の大蒜炒め、白米、冬瓜とモロヘイヤと鴨の皮のスープ、ポテトサラダ、西瓜。

八月十一日(月)
 暑くて走る気もしない。書こうとしている小説もなかなかうまくいかない。うまくいく気がしない。埋まっていそうなところを毎日掘っているのだが、あんまり掘れないし何にも出てこない。仕方がないのでだらだらしている。まあ夏だからいいか。考えてみたら夏は毎年こんなもんだ。
*茄子とピーマンのぴり辛味噌炒め、白米、冬瓜とモロヘイヤと鴨の皮のスープ、ポテトサラダ、西瓜。

八月十二日(火)
*空芯菜と茄子の大蒜炒め、魚と冬瓜のスープ、玄米、切干大根と大豆と人参、西瓜。

八月十三日(水)
*烏賊の醤油漬け、玄米、サラミ、魚と冬瓜のスープ、切干大根と大豆と人参、西瓜。

八月十四日(木)
*キムチ炒飯、魚と冬瓜のスープ、切干大根と大豆と人参、西瓜。

八月十五日(金)
*カレーライス、ヨーグルト、ナタデココ。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]