カメ天国通信


その217

【カメ人間日記】
(2009年12月後半)

十二月十六日(水)
*菜の花とブロッコリーとベーコンのリングイネ、水菜と大根とスダチのサラダ、豚汁、林檎。

十二月十七日(木)
 雪が舞っていた。寒いわけだ。
*うどんすき。

十二月十八日(金)
 夕方から繁盛亭へ。とてもいい落語会だった。新作はどれも初演とはくらべものにならないようないい出来だし、並びのバランスもよかった。いやそれにしても三年半か。一銭にもならないのに、よくもまあ続いたものだ。みんなアホやなあ。こんなアホな人たちといっしょにこの会に関わることができて本当に嬉しい。すくなくともこの会に関しては、きれいごとでもなんでもなく、「金ではない」と言い切れる我々は幸せである。
 すっかり早朝派になってしまっている私は、眠たくなってきたしそろそろ終電だし、ということで打ち上げの途中で失礼したのだが、電車に乗ってみると京橋止まりで、仕方なく椎名林檎など聴きながらゆっくり一時間ほど走ったり歩いたりして二時頃家に着いた頃には汗だくで酔いも眠気もすっかり覚めていた。なんや、こんなことやったら朝まで飲んでてもよかった。いやしかしおもしろかったよなあ。
*打ち上げの場にあったもの。

十二月十九日(土)
*鴨ロースの醤油漬け、白米、人参の葉のきんぴら、味噌汁、大根と水菜のサラダ、グレープフルーツ。

十二月二十日(日)
 寒い寒いのにもっと寒そうな京都に行ったりしていろいろ決めて帰ってくる。
*海老野菜タンメン。

十二月二十一日(月)
*鴨ロースの醤油漬け、卵とチーズとブロッコリー丼、塩豚のコンソメゼリー寄せ、人参の葉のきんぴら、味噌汁、大根と水菜のサラダ、大豆の味醂漬け、グレープフルーツ。

十二月二十二日(火)
*菜の花とブロッコリーとベーコンのリングイネ、大根と水菜とスダチのサラダ、野菜スープ。

十二月二十三日(水)
*鶏もも肉と野菜のオーブン焼き、大根とスダチのサラダ、野菜スープ、グレープフルーツ。

十二月二十四日(木)
 接骨院で定期メンテナンス。そのあと劇団の稽古場で小道具倉庫をごそごそして電飾を自転車のカゴいっぱい分引っ張り出して家に持ち帰り、ツリーの周辺に飾る。
*ドリア、ケーキ。

十二月二十五日(金)
 夕方、四十分ほど走る。
*肉団子の甘酢餡かけ、白米、大根と水菜とスダチのサラダ、野菜スープ。

十二月二十六日(土)
 部屋の隅に、ものすごくないがしろされている感じでSF大賞のトロフィーが転がっているのだが、最近ようやくひらがなを読むようになってきた娘がそれを見つけて、「ここに、かめくん、ってかいてあるっ」と大騒ぎ。
「ああ、そうそう、それ、かめくんがもろたやつや」
「これがかめくんとちゃうの?」
「ちゃうちゃう、かめくんはかめくんや」
 全部ひらがなのタイトルにしといてよかったなあ。
*手打ちタリアテッレ・サーモンのクリームソース、大根と水菜とトマトとスダチのサラダ。

十二月二十七日(日)
*肉団子の甘酢餡かけ、白米、大根と水菜とスダチのサラダ、野菜スープ。

十二月二十八日(月)
 きれいな月の下を一時間ほど走っていたらひさしぶりに、このまま飛べるんちゃうか、と思うくらいハイになった。正直、今もちょっとそう思っている。
*エリンギと白菜と鴨皮のタリアテッレ、大根と水菜とスダチのサラダ。

十二月二十九日(火)
 あの『深夜食堂』のモデルであることではあまり知られていない『やぐら』での恒例忘年会。まあモデルになったのはやぐら行進曲の歌詞に出てくる京橋時代のやぐらで、寺田町のやぐらの営業時間はあんなではありませんが。
 やぐら行進曲から始まる桂雀三郎&まんぷくブラザーズによるやぐらソングメドレーはあるは、弟子の雀太君による「雀喜兄さん噺」はあるは、剣道三段の看護婦は来るわ、で夕方から夜中まで大騒ぎ。
 ここには絶対に書けない話をいっぱい聞いて、大笑いして、雀三郎師匠とちょっと真面目っぽい話もしたりして、でも結局アホな話で、ああ私は本当に幸せですよ。
*やぐらにあったものいろいろ。

十二月三十日(水)
*鴨皮の炊き込み御飯、焼き餃子。

十二月三十一日(木)
 去年の春頃からいろいろこねくり回していてなかなかうまくいかなった小説が、ようやく入稿まで漕ぎ着ける。やれやれ、おかげでほっとして正月を迎えられる。
 夕方、大晦日気分を味わおうと、妻と娘と三人で商店街に行ってみたのだが、風が強くて寒い以外はいつもと変わりなく、弾き語りライブが行われている客がひとりもいない吹きっさらしの広場を横目にさらに寒い気分になって帰宅。月はすごくきれいでした。
 年越し蕎麦を食ってから、例年どおり近所の神社へ豚汁目当ての初詣。
*水餃子鍋、白米。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]