カメ天国通信


その230

【カメ人間日記】
(2010年8月)

八月一日(日)
 昼過ぎ、大阪に帰ってくる。
 娘といっしょに玄関に展開したビニールプールに入ったりして、だらだら過ごす。
*ゴーヤー入りカレーライス。

八月二日(月)
*チーズフォンデュ。

八月三日(火)
 次々出てくる非実在高齢者のニュースを見ながら、なんかこういうのを知っているなあ、と思っていたのだが、ああそうか、ずいぶん前に異形コレクションにそんな話を書いたのだった。【屍者の行進】に入ってる『肉食』という短編。おかげであれ、えらくベタな話になってしまったなあ。
*カレーライス、トマトと胡瓜のサラダ。

八月四日(水)
 某週刊誌が妻を取材、ついでに私も取材を受ける。とりあえず、キングギドラのソフビを自慢してお茶を濁す。
*炒飯、焼き餃子、枝豆。

八月五日(木)
*ローストチキン、枝豆ご飯、味噌汁。

八月六日(金)
*素麺、ゴーヤの炒め物、味噌汁。

八月七日(土)
 今日はまだマシな暑さだった。
*白米、味噌汁、枝豆。

八月八日(日)
 午前中はバンドの練習。妻修羅場につき、娘を連れて例によって娘を連れてスタジオへ。  夕方、近所のふれあい広場で金魚すくい。
*ベーコンエッグ丼、水菜とサラミのサラダ、味噌汁。

八月九日(月)
 ひさしぶりに、タップに行く。例によって全然身体は動かない。帰りに雨にあって、ずぶぬれ。
*チーズフォンデュ。

八月十日(火)
 コンピュータがいまいち調子がよくなくて、なんかウイルスでも入ったみたいだし、いろいろやったけどどうにもならないので、中古を買ってくる。なんと一万六千円だ。こんなものが東京までバスで往復する値段とはなあ。
*素麺、野菜天麩羅、ゴーヤの炒め物。

八月十一日(水)
*タイカレー、セロリとカニ蒲鉾のサラダ。

八月十二日(木)
*タイカレー、セロリと鶏の煮凝りのサラダ。

八月十三日(金)
*タイカレー、セロリとトマトとサラミとチーズのサラダ。

八月十四日(土)
*タイカレー。

八月十五日(日)
 難波へ八天ファクトリーを聴きに。
 ひさしぶりに『寄席の怪談』を聴いたのだが、いややっぱりこれはいろいろとネタとして不味いところがある。まあそれがわかるようになっただけでも進歩か。なかなか自分の書いたものを自分では切れないのだなあ。とくに、わりとうまくいっているギャグなんかは。でも、切らねばならん、バッサリと。それがよくわかった。
*水餃子、セロリと煮凝りのサラダ。

八月十六日(月)
*黒米入りご飯、野菜スープ、揚げ出し豆腐。

八月十七日(火)
 なんと妻が懸賞でスパゲティ100食分、つまり10kgを当てたのである。でかしたっ。 というわけで、さっそく食う。
*スパゲティ・カルボナーラ。

八月十八日(水)
*焼肉、空芯菜の炒め物、白米、野菜スープ。

八月十九日(木)
*冷やし中華。

八月二十日(金)
*チーズフォンデュ。

八月二十一日(土)
 東京へ行く。東京は大阪より緑が多くて綺麗で、おまけに涼しかった。
 某パーティに出席して、楽しく飲んで食べて綺麗な月を眺めて、夜は例によってカプセルホテル。
*パーティ会場にあったもの。

八月二十二日(日)
 昼バスで帰ってくる。夜の七時前に大阪駅着。
*ちらし寿司。

八月二十三日(月)
 近所の路地は地蔵盆。
*たこ焼き、他。

八月二十四日(火)
 地蔵盆で、今年も延々と綿菓子を作る。
*弁当。

八月二十五日(水)
 午前中、トランペットのレッスン。
*夏野菜のスパゲティ、トマトのスープ。

八月二十六日(木)
*鯛の煮つけ、白米、トマトスープ。

八月二十七日(金)
 ハナシをノベル! 
 私の書いたネタ『天職』を八天さんに演じてもらう。まあなかなかうまくはまったのではなかろうか。ものすごくアホらしくて他愛もなくて、まあそういうことがやりたかったのである。
*打ち上げの場にあったもの。

八月二十八日(土)
 夜、近所の小学校で花火見物。
*鴨のロースのしょうゆ漬け、白米、トマトスープ。

八月二十九日(日)
 午前中、バンドの練習。午後は娘とプールに浸かったり公園をうろうろしたり。
*鶏と枝豆のリゾット。

八月三十日(月)
*素麺、茄子とゴーヤの天麩羅。

八月三十一日(火)
*お粥、夏野菜の天麩羅。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]