カメ天国通信


その231

【カメ人間日記】
(2010年9月)

九月一日(水)
『インセプション』を観る。長すぎるし、いろいろとバランスが悪いと思う。エンタテインメントなのだから夢が夢らしくないのは仕方がないとしても、それにしてはルールがあまりにもいいかげんで、説得力がほとんどない。あそこまでやるなら、撮る前にもうちょっとなんとかできんかったのかなあ。
*チーズフォンデュ。

九月二日(木)
 整骨院で定期メンテナンス。
*サムゲタン。

九月三日(金)
*盛岡ビビン麺、オレンジ。

九月四日(土)
*サムゲタン、茄子の天麩羅。

九月五日(日)
 午前中はバンドの練習、午後は玄関にプールを展開して娘といっしょに浸かる。
*トマトと茄子のスパゲティ。

九月六日(月)
*素麺。

九月七日(火)
*手巻き寿司。

九月八日(水)
*トマトと茄子の冷製スパゲティ、空芯菜の炒め物、トマトスープ。

九月九日(木)
*チーズフォンデュ。

九月十日(金)
*焼き素麺、空芯菜の炒め物。

九月十一日(土)
*タイカレー、空芯菜の炒め物。

九月十二日(日)
 午前中、バンドの練習。
*ざるそば、野菜天麩羅、空芯菜の炒め物。

九月十三日(月)
*タイカレー、空芯菜とレバーの炒め物。

九月十四日(火)
 夕方、ある打ち合わせというか顔合わせというか、田中啓文田中哲弥牧野修さんと編集者のOさんと梅田で飲む。
 例によってアホな話をいっぱいしたが、それ以上に成果はあったと思う。とりあえず、私の役目はここまで。結局そのまま朝まで飲んでいたのだが、サイデリヤの安さは驚異的だ。
*居酒屋にあったもの。

九月十五日(水)
 ちょっとだけ寝てミスドに行ったら、なんとか最初の五枚が書けた。たぶん、この感じでいけるのではなかろうか。
*タイカレー、空芯菜の炒め物、トマトと胡瓜のサラダ。

九月十六日(木)
 夜、ひさしぶりにタップに行く。全然できない。
*カレーライス、トマトと胡瓜のサラダ。

九月十七日(金)
 夕方、ひさしぶりにちょっと走る。ひと夏走ってないとさすがにきつい。
*カレーライス、空芯菜と豚肉の炒め物、トマトと胡瓜のサラダ。

九月十八日(土)
*ムール貝とトマトのスパゲティ、鮪の血合いの煮物、枝豆。

九月十九日(日)
 午前中はバンドの練習。妻と娘は留守。静かな一日。
*炒飯、鮪の血合いの煮物。

九月二十日(月)
 ひとりでぼんやりしていた。まあこういうのもいいな。
*白米、鮪の血合いの煮物。

九月二十一日(火)
*穴子丼、野菜スープ。

九月二十二日(水)
*ざる蕎麦、白茄子の天麩羅。

九月二十三日(木)
 ライブハウスでの朗読イベント『読む人』に田中啓文といっしょに暗闇朗読で参加。いやしかし今夜の田中啓文のサックスは気持ち悪くて最高でした。
*打ち上げの場にあったもの。

九月二十四日(金)
*チーズフォンデュ、野菜スープ、ロールケーキ。

九月二十五日(土)
*烏賊刺身、白茄子の天麩羅、白米。

九月二十六日(日)
 古川橋のジャズフェスで演奏。しかし野外は自分の音がさっぱりわからんわ。まあ吹けないのはそれだけのせいではないが。
*ラーメン、白米、玉子焼き。

九月二十七日(月)
*鮭のアラと素麺の鍋。

九月二十八日(火)
 夕方、五十分ほど走る。
*白茄子の天麩羅、焼き餃子、白米。

九月二十九日(水)
*チンジャオロース、白米、水菜のサラダ。

九月三十日(木)
*チンジャオロース、枝豆ご飯、オクラのスープ、烏賊の日の出唐千寿。



無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]