カメ天国通信


その40

【カメ人間日記】
(2001年9月前半)

九月一日(土)
 夏ばてというか、たんに面倒くさかったというか、とにかく七月八月は日記をさぼりました。で、ようやく再開。
 昨日に引き続きテレビで『タイタニック』をやっていてこれをタイタニック祭りというらしい。妻と観ることにする。上映時間が長いのでとても映画館で観る気がしなかったし、かといってビデオなどではよけいに観る気がしなかったのであるが、それにしても予想をはるかに越えるズッコケ映画であった。
 これを映画館に閉じ込められて観るというのはほとんど拷問に近いなあ。テレビでよかった。日本語吹き替えも『宇宙船レッドドワーフ号』のリマーの声をやっている人がいて「リマー、タイタニックに乗るの巻」として楽しむこともできたからよかった。銃を持ってずっこけるところとかはもうリマーそのままだったし。というわけで、妻といっしょに最後までリマーに声援を送っていたのでした。
*皿うどん、ニラ玉、はんぺんソテー、紅茶ケーキ。

九月二日(日)
 朝から劇団の用事で天王寺方面へ。
 早起きしたせいか一日中眠く、だらだらしていた。
 夜、**書房から出る予定の長編をちょっとだけいじる。我ながら訳のわからん話だ。
*秋刀魚ご飯、ハムサラダ、みそ汁、紅茶ケーキ。

九月三日(月)
 トランペットのレッスンである。このレッスンといい民博のアルバイトといい、唐口さんにはお世話になりっぱなし。いつか偉くなって恩返しがしたいものである。
*鶏肉トマトソース煮、みそ汁、キムチ、玄米。

九月四日(火)
 昼間は長編の直し。
 夜、劇団の稽古。本日が秋の公演の稽古始めである。
*トマトソースパスタ。

九月五日(水)
 **書房の長編を直す。最後の一章を残してこれはこのまましばらく寝かしておくことにして、デュアル文庫書き下ろしの『ザリガニマン』の直しにとりかかる。こっちは10月に出る予定。なんだか直してばかりいるような気がするが、たぶんこれは気のせいではない。
 夜は京阪神少年少女楽団の練習。
*トムヤムスープ、白米、ハムチーズ卵、キムチ。

九月六日(木)
 接骨院へ。今日から妻もいっしょに行くことにする。すぐに首の筋がつったりするのである。やっぱりまだ曲がってますねえ、だいぶマシにはなってますけど。
 夜、『コレリ大尉のマンドリン』の試写。うーん、どうも納得のいかないところが多すぎる。「本当にあった話」をもとにした「感動の物語」というのは、それをいわゆる感動ドラマに仕立て上げるためにいろんなことに目をつぶったり誤魔化したりしなければならず、それでこういう無理が出てくるのではあるまいか。
*トムヤムスープ、パン。

九月七日(金)
 あんまり憶えてないが、たぶん『ザリガニマン』の直し。
*秋刀魚ご飯、トムヤムスープ。

九月八日(土)
 稽古場のかたづけ。前の公演のときのセットやら小道具大道具をバラして捨てに行く。これでようやく稽古の出来る状態になった。
*バゲット、生ハム、レタス、野菜スープ。

九月九日(日)
 理由あって西九条周辺を妻と歩き回る。安治川のトンネルを抜け商店街を抜け大阪ドームに入ってまた別の商店街へ。いやもう歩いた歩いた。途中でおいしいパンの耳もゲットし、最後は大衆酒場『亀』で打ち止め。
*お好み焼き。

九月十日(月)
 民族学博物館のアルバイト仲間でありトランペッターの山本君からメールでライブのお知らせ。近所のハードレインという店でやるらしい。ハイ・キングスというスカバンドのライブに行く。台風が来ているというのに店は満杯。このバンドにはゲストを含めてなんと民博アルバイトが四人もいる。客にも民博のアルバイトやら会社の人もいる。このまま現場に行けばいい仕事が出来そうである。
 いやしかし、仲間びいきではなく、ほんとにいいライブでした。このバンド、売れセンだと思うけどなあ。
*カレー、サラダ。

九月十一日(火)
 昼間は直し。
 夜、稽古を終えて帰ってくると、さっきニューヨークでビルに飛行機がぶつかったらしいとテレビの前の妻が言う。映像を見ていると2HITとか画面の隅に文字が出ていて、この「2」いうのはどういうことなんやろなあ、とか言っていると、そういうことなのであった。びっくりしたなあ、もう。
*カレー、ナタデココ、イチゴヨーグルト。

九月十二日(水)
 朝からテレビを見ていた。夜は京阪神少年少女楽団の練習。
*豚マン、カレー、ヨーグルト。

九月十三日(木)
 テレビを見ていた。夜は劇団の稽古。 *秋刀魚刺身、白米、キムチ、みそ汁、チーズムース。

九月十四日(金)
 テレビを我慢して、『ザリガニマン』の直し。
*カレー、ヨーグルト、サラダ。

九月十五日(土)
 ザリガニマンの直し終了記念と言うわけではないが、貰い物の蟹が届いたのである。昨日届くはずだったのに、今日になってしまったのはテロのせいで飛行機が使えないからだそうである。思いがけないところに影響が出ているのである。しかも冷凍のはずが大方融けてしまっているのである。蟹までテロにあってしまったのである。あわてて冷凍しようとしたのだが、パッケージには再冷凍すると味が落ちるのでしてはいけないと書いてあるのである。それにしても融けた氷でダンボールまでがでろでろのぐにゃぐにゃというのはちょっといかんのではないか、もしかしたら輸送が遅れたせいで、途中いちど融けたのを再冷凍したのではないか、すでに味はだいぶ落ちてしまっているのではなかろうか。というわけで、某M坂屋に電話してみたところ、なんと同じ商品を送ってくれるというのである。じつにきちんとした対応である。  ところでええっと、ではこの融けている蟹はどうしましょうか? 処分してください。はい、わかりました。ではさっそく処分させていただきます。
 処分はとてもうまくいった。
*ズワイガニ冷しゃぶ、みそ汁、雑炊。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[          カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]