カメ天国通信


その48

【カメ人間日記】
(2002年3月)

三月一日(金)
 かめくんが日本SF大賞を貰う。
 東京は人が多くていろんなものが高い。
*パーティ会場にあったいろいろ。

三月二日(土)
 大阪へ帰って来る。
*バケット、チーズ、トマト。

三月三日(日)
 憶えてない。
*鳥の唐あげ、キャベツの千切り、白米。

三月四日(月)
 いろいろ片付けたり整理したり。
*軟骨の角煮、キャベツ千切り、白米、観音モナカ。

三月五日(火)
 民俗学博物館でアルバイト。今年のメンテナンスのアルバイトは本日で終了。
*ハッシュドビーフ、キャベツ千切り、ザクロ。

三月六日(水)
 昼間はちょっと書いて夜は京阪神少年少女楽団の練習。
*ハッシュドビーフ、クヌーデル、オムレツ。

三月七日(木)
 夜、飲み会。
*スパゲティ他。

三月八日(金)
 ワインの瓶をぶつけてトランペットのバルブが曲がってしまった。あわてて三木楽器に電話して持って行ったところ、さっそくこんこんこんと叩いてなおしてくれたのであるが、なんと料金はいらないというのである。皆さん、楽器は心斎橋の三木楽器で買いましょう。
*ハッシュドビーフ、クヌーデル、サラダ、イチゴショートケーキ。

三月九日(土)
 シナリオ学校で講義。といってもほとんど思い出話とか普段どうしているかをしゃべっただけ。時間が余ったので、あとは「かめくん」を開いて一行ずつ読む。小林泰三さんが見物に来ていたので、こういうこともあろうかと持ってきていたSFジャパンを見せてあげる。おかげでぼくが講義をしているあいだ、小林さんはずっとぐふぐふぐふと喜んでいた。
田中啓文さんも見物に来ている。
 そのあとは例によって中華屋でアホな話を延々して帰る。
*中華屋メニュー、イチゴショートケーキ。

三月十日(日)
*角煮、白米、サラダ。

三月十一日(月)
*白米、卵、干しハタハタ、サラダ。

三月十二日(火)
*グリーンカレー、サラダ、イチゴショート。

三月十三日(水)
 昼は知らん。夜は京阪神少年少女楽団の練習。
*クリームシチュー、白米、サラダ。

三月十四日(木)
*クリームシチュー、バケット、サラダ。

三月十五日(金)
 劇団関係の用事で和歌山へ。
*弁当。

三月十六日(土)
 サンケイホールへ桂雀三郎師匠の独演会に行く。いい会だった。前にも書いたが、なんとこの会のプログラムに文章を書かせていただいている。光栄である。あつかましくも打ち上げにも顔を出して、気持ちよく酔っ払って帰宅。
*打ち上げメニュー。

三月十七日(日)
 和歌山へ。
*弁当。

三月十八日(月)
*ニラ玉、白米、味噌汁、サラダ、イチゴタルト。

三月十九日(火)
*タイカレー、もち米。

三月二十日(水)
 和歌山へ。
*弁当。

三月二十一日(木)
 和歌山へ。
*パエリア、イチゴタルト。

三月二十二日(金)
 和歌山へ。
 四十歳になった。だからどうだというものでもないが。
*打ち上げメニュー。

三月二十三日(土)
 シネ・リーブル梅田へ『コンセント』を観に行く。市川実和子嬢の舞台挨拶もあるのである。これは行かねばなるまい。舞台挨拶のあいだ私はずっと、ほげらー、とフヌケのように舞台を見つめており、帰ってきてからも同じ調子で、妻をおおいに呆れさせた。
*蒟蒻とかぼちゃと牛蒡の煮物、野菜スープ、筍ご飯、竹輪と小芋の揚げ物、イチゴタルト。

三月二十四日(日)
*煮物、野菜スープ、筍ご飯。

三月二十五日(月)
*紫蘇、イカナゴ、豚汁、チョコレートケーキ。

三月二十六日(火)
*焼肉、ぶんたん、スウィーティ、パウンドケーキ。

三月二十七日(水)
 『WXIII』の試写。
 日本の怪獣映画であった。
*揚げ春巻、大根サラダ、白米、パウンドケーキ。

三月二十八日(木)
 接骨院へ。ついでに四天王寺で亀を眺める。甲羅干しをする亀に混じって、スッポンを発見して興奮。
 夕方から、妻とともに某所にある秘密基地へ行き一泊。
*回転寿司、レッドグローブ、パウンドケーキ。

三月二十九日(金)
 秘密基地より帰還。
*ラーメン、コブサラダ、マンゴープリン。

三月三十日(土)
*紫蘇、イカナゴ、白米、豚汁、大根サラダ。

三月三十一日(日)
 トリイホールでの九雀の音楽道楽というライブに、京阪神少年少女楽団で出演。
 満員御礼。おかげさまで、また来年もやることが決定しました。
*打ち上げメニュー。




無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]