カメ天国通信


その73

【カメ人間日記】
(2003年9月前半)

九月一日(月)
*秋刀魚ご飯、味噌汁、おから、ドーナツ。

九月二日(火)
 毎日暑いなあ。
*カツオたたき、白米、味噌汁、カボチャ煮、ドーナツ。

九月三日(水)
 生野に引っ越してきて初めてのお客さんは、映画監督の樫原辰郎さんだった。まあこういうご時世ですから、あまり急がずあせらずなんとか何年か先のゴールを目指してぼちぼちやっていきましょうや、というようなことを話す。
*イカの墨煮、カツオたたき、ピザ、カボチャ煮、えびせん、西瓜。

九月四日(木)
 夜は劇団の稽古。
*ラーメン、レバー煮、トマトとモツァレラチーズのサラダ、カボチャ煮。

九月五日(金)
 『愛するために愛されたい』というテレビドラマがあって、これいったいどう処理するつもりなのだろうという興味だけでビデオにとった最終回を観たのだが、予想をはるかに上回るすさまじいものだった。とても内容は説明できないし、観なかった人にこれを説明してもたぶん信用してもらえないだろう。まさに、珍ドラマという言葉がふさわしい。観てよかったなあ。ああ、びっくりしたなあ。
*焼肉、味噌汁、バニラシェイク。

九月六日(土)
 夜は劇団の稽古。
*焼肉、トマトサラダ、バニラシェイク。

九月七日(日)
 昼過ぎに劇団の稽古場で小道具を作ったり、夕方図書館に行ったり。
 ビデオにとってあった『すいか』を観たのだが、なんと今回は、火星と亀、さらに、クラゲとキョンキョンのツーショットまである。前々から、好きなものばっかり出てくるドラマだなあとは思っていたが。
 テレビドラマというのは、ワンシーズンに一本くらいはけっこういいのがあって、2年に一本くらいは「すごくいい」のがあるから気になるのはとりあえず第一回をチェックするようにしている。まあほとんどは第一回だけで観るのを止めることになるのだが。
 『すいか』は『木更津キャッツアイ』以来の「すごくいい」ドラマ。
 ちなみに『すいか』に出演している亀は、キール三本のクサガメでした。大きさからすると三歳くらいか。
*うどん、白きくらげ、西瓜。

九月八日(月)
*黒米と鶏とポテトの蒸し煮、白きくらげとトマトとモツァレラチーズのサラダ、オレンジ。

九月九日(火)
 夜は劇団の稽古。
*牛カルビ、まーぼ茄子、豚汁、大根とグレープフルーツのサラダ、オレンジ、葡萄。

九月十日(水)
 なにがどうなったのか、三百人ほどの高校生の前で話をすることになってしまう。これも授業の一環なのだそうな。
 会社の帰りに喫茶店で小説を書いていた頃の話とか、会社を辞めて好きなことをするのにいちばん必要なものは貯金です、とかそんなふうなこと。
*ふろふき大根、まーぼ茄子、イカの墨煮、トマトとモツァレラチーズのサラダ、白米、味噌汁、葡萄。

九月十一日(木)
 難波へ『英雄』を観に行く。『マトリックス』と同じチームがどうのこうの、とかCMでやっていたのでまたあのダルいアクションが延々あるのかなあなどと思っていたところがこれが大違いで、最初から最後まで画面から目が離せない映画だった。ワイヤーやらCGやらいろいろあるが、それはすべて物語に必要なシーンで、アクションを見せるためのアクションではない。なるほど、ああいうギャグになってしまうようなアクションも、やり過ぎのような美術も、中国の法螺話という括弧に入れてしまえば成立するのだ。ああおもしろかった。
 夜は劇団の稽古。
*素麺、ふろふき大根、バニラシェイク。

9月十二日(金)
 『六甲のおいしい水』に対抗して、大阪市はペットボトルで『道頓堀の臭い水』を売り出せばいいのではないか。
 飛び込みたいという奴があんなにいるのだから、飛び込めない奴はせめて水だけでも頭から被りたいだろう。飛び込みたくても飛び込めなかった奴は、甲子園の土のように持って帰ればよろしい。風呂に入れてよし、頭から被ってよし、鼻から飲むもよし。
*鮭ちらし寿司、吸い物、ふろふき大根、サラダ、梨、リンゴ、宇治金時。

九月十三日(土)
 夜は劇団の稽古。
*ラーメン、サラダ、梨、アイスクリーム。

九月十四日(日)
*ピザ、サーモンのクリームソースパスタ、サラダ。

九月十五日(月)
 毎日中学生新聞のC氏が来宅。連載の最終回を渡す。半年間、週一でショートショートを書くというのはけっこうしんどかったなあ。なかなかおもしろいものになったとは思うのだが、誰か読んでるのかなあ。それはそれとして、そうですか北海道には亀はいないのですか。でも友達の漁師の息子は海亀を飼っていたりするのですね。
 夕方から稽古場で道具を作る。ラジオによるとなんでも阪神が優勝してしまったらしい。
 この前の優勝の時、ぼくは酒の問屋で働いていて、タイガース清酒やら菰樽やらビールをトラックに積んだりしていたのだが、今回は劇団の稽古場でセスナを作っている。はたして次の優勝の時には、いったい何をやっているものやら。
 夜、通天閣の真下で、阪神のユニフォームを着てすごい勢いで自転車を漕いでいるおっさんを見かけたのだが、あれはいったいどこを目指して走っていったのだろう。
*たこやき、キムチ、角煮、白米。



無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラス ト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]