カメ天国通信


その74

【カメ人間日記】
(2003年9月後半)

九月十六日(火)
 夜は劇団の稽古。
*角煮、キムチ、白米。

九月十七日(水)
 田中啓文氏がはじめてうちに来たのだが、入ってきていきなり「この家には前にも来たことがある」などと言いだす。おかしいなあ、おかしいなあとしきりに首を傾げているのだが、おかしいのはもちろん田中啓文のほうである。
 もともと今日は、天王寺美術館に行って、ついでにうちにキムチを取りにくるということになっていたのだが、聞いてみると天王寺に着いたときにはもう美術館は閉館まぎわになっており、仕方なくそのままうちに来たのだという。そんなもん、家を出る前に普通気がつくと思うのだが。
 他にも、取材に行ってみると閉館日だったり、横浜までわざわざ行って人がいっぱいで入れなかったり、壊れかけの親指シフトを壊れたら困るなあと思いながらいつまでも使っていたりというようなおかしなことばかりしているらしいので、他人の家に来ていきなりわけのわからんことを言うくらいは仕方がないのかなとも思う。
*角煮、サラダ、蒟蒻、冷奴、ガーリックトースト、パイナップル。

九月十八日(木)
 夜は劇団の稽古。
*ざる蕎麦、ササミと大根のサラダ、豆もやしのナムル、抹茶ムース。

九月十九日(金)
 夜は劇団の稽古。
*ラーメン、サラダ、抹茶ムース。

九月二十日(土)
 夜は劇団の稽古。
*角煮、白米、サラダ、キムチ、山芋短冊、抹茶ムース。

九月二十一日(日)
 夕方から劇団の稽古。
*角煮、卵、白米、キムチ、カボチャ団子。

九月二十二日(月)
 朝から仕込み、場当たりにゲネプロ、それから本番、そのあと舞台のバラシという長い一日。さすがにふらふらになった。そのまま稽古場で打ち上げ。明け方に自転車で帰宅。
*鍋やらいろいろ、打ち上げメニュー。

九月二十三日(火)
 夕方、デザイナーでイラストレーターの山下浩平氏が来宅。亀の飼い方など話す。引っ越してからお客さんがよく来るようになったなあ。まあ前は狭かったから呼びようもなかったのだが。
*煮卵、白子、キムチ、サラダ、白米、リンゴ、パイナップル、抹茶ムース。

九月二十四日(水)
 楽団の練習。帰りに桂九雀さんのライブに行く。落語ではなくてクラリネットの演奏のライブである。
*ラーメン、チェー、リンゴ。

九月二十五日(木)
*カレー、ヨーグルト、大根サラダ、リンゴ、カボチャ饅頭、パイナップル。

九月二十六日(金)
*黒米、イカナゴ、サラダ、白子煮、味噌汁、パイナップル、マスカット、プルーン。

九月二十七日(土)
 某シナリオ学校で田中哲弥さんが講義をするというので覗きにいき、例によって近くの中華屋で飲む。小林泰三さんも来ていたのだが、ここでもまたえんえん仮面ライダーの話を聞かされる。仮面ライダーが一段落するとウルトラマン、そしてまた仮面ライダーである。
*中華屋メニュー。

九月二十八日(日)
 劇団関係の用事で天王寺方面へ。
*ざるうどん、サラダ、マスカット、リンゴ。

九月二十九日(月)
 夜は劇団の稽古場で衣装とか小道具の点検と整理。九州行きの用意である。
*韓国冷麺、豚キムチ、味噌汁、サラダ、チェー、ブッセ。

九月三十日(火)
 夜は劇団の稽古。
*カルボナーラ、パン、サラダ。



無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラス ト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]