カメ天国通信


その79

【カメ人間日記】
(2004年1月前半)


一月一日(木)
 生野に越してきて初めての正月である。
 昼過ぎに起きて年賀状を見たり書いたり、だらだら過ごす。
*白米、味噌汁、塩鮭、じゃこ、漬物、サラダ、チーズ。

一月二日(金)
 年末に買った音楽ソフトをいじって遊ぶ。まだ使い方がよくわからないところが多々あるが、適当に譜面を入力してトランペットの伴奏をさせることくらいは簡単にできて、まあそれだけでもなかなかおもしろい。
*チゲ。

一月三日(土)
 ちょっとだけ文章をいじる。あとは漫画を読んだりビデオを見たり。夜、谷町筋のあたりまで四十分ほど走る。これが今年の初走り。
*チゲ。

一月四日(日)
 あいかわらずほとんど何もせず。
 ナンシー関はこれを見たかったろうなあ、とか、ナンシー関ならこれをどんなふうに書くかなあ、と思うことが最近よくある。あの結婚式とか、他にもいろいろ。今更ながら、惜しい人をなくしたものだと思う。
*おじや。

一月五日(月)
 ちょっとだけ文章を打ち込む。
 それにしても我ながらかなり変な小説である。できあがっても、こんなの出せるかなあ。出してもらえるのかなあ。売れそうにないしなあ。実際、売れてないもんなあ。人気ないなあ。もうそろそろ出版社も騙せない感じだしなあ。まあいつものように、できあがってから「あのー、こんなのあるんですけど」とどっかに持っていくか。
 夜、四十分ほど走る。
*ラーメン、ナムル。

一月六日(火)
 夕方、久しぶりに図書館に行く。本棚と本棚の隙間をふらふら歩いていると、変なアイデアが浮かぶことが多いので助かる。
*魚貝チゲ、ティラミス、リンゴ。

一月七日(水)
 昼間、ちょっと文章をいじって、夜は楽団の新年会に自転車で心斎橋へ。
*サーモン、棒だら、鮪刺身、かやくご飯、粕汁、他いろいろ。

一月八日(木)
*焼きそば、ナムル、伊達巻、味噌汁、ティラミス、リンゴ。

一月九日(金)
 堀晃さんお勧めの長距離バスに乗って、東京へ。昼間の長距離バスというのは初めてである。本を読んでいればいいと思っていたのが、ほとんど寝ていた。夜、東京オペラシティのニューイヤージャズオペレッタ『フリン伝習録』を観る。じつに結構なものであった。クロークのところで佐藤哲也さんと佐藤亜紀さんに声をかけられ、飲みに行きましょうか、行きましょう行きましょう、どこ行きましょう、よかったらうちで飲みませんか、いいんですかあ、というわけで厚かましくもお邪魔して、そのままお宅に泊まってしまう。どうもお世話になりました。
*ピザ、漬物。

一月十日(土)
 夜、大阪に帰ってくる。
*ホワイトシチュー、クネーデル。

一月十一日(日)
 ちょっと文章をいじったりして、夜は劇団の稽古場へ。次の公演のことなど。
*カレー、コールスロー。

一月十二日(月)
 劇団関係の用事で夕方から元町へ。
*納豆カレー、コールスロー、ヨーグルト。

一月十三日(火)
 ちょっと書いたり直したりで、あとはラッパを吹いて遊んでいた。夜、久しぶりに四十分ほど走る。
*塩鮭、塩鯖、玄米、漬物、納豆卵焼き、味噌汁、コールスロー、リンゴ。

一月十四日(水)
 文章をいじったりラッパを吹いたり図書館に行ったり。夕方、K書店のTさんから嬉しい電話あり。
*カレー、大根サラダ、ヨーグルト、リンゴ。

一月十五日(木)
 SFマガジンの短編の著者校を送り返す。というわけで、特に問題が起こらなければ、今月の末に出るSFマガジンには、カメリの第四話『カメリ、エスカルゴを作る』が掲載されてるはず。イラストは今、妻がこたつで描いています。
 夜、四十分ほど走る。
*納豆カレー、大根サラダ、ヨーグルト。



無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラス ト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]