カメ天国通信


その81

【カメ人間日記】
(2004年2月前半)


二月一日(日)
 昼から夕方まで稽古場。
*キムチチゲ、大根サラダ、サツマイモパイ。

二月二日(月)
 夕方から元町へ。
*バゲット、生ハム、チーズ、大根サラダ、コールスロー、サツマイモパイ。

二月三日(火)
 図書館に行く。帰りにけっこう大きな金属のラックが安く売られていたので買ってしまう。そこでバラしてそのまま抱えて帰ろうかと思っていたのだが、配達してくれた。
 夜、劇団の稽古。終わって自転車でたらたら帰っているところを警官に止められ、乗っている自転車についていろいろと質問される。しかしこれはなかなか説明しにくいのである。たしか、妻の実家のアパートの住人が引っ越すときにもういらないと置いていったものを貰ったのだと思うのだが、登録とかそういうのがどうなっているのかはよくわからない、というようなことを説明したが、我ながら怪しいなあと思う。懐中電灯で自転車に刻印されている番号なんかを探し、それを無線で問い合わせたりしている。ご苦労様なことである。それにしてもこういうことになったのは、これでもう四度目だ。もしかしたら、自転車に乗っている姿がすでに怪しいのかもしれないなあ。
*うどん鍋、大根サラダ、コールスロー、カボチャのココナッツカスタード蒸し。

二月四日(水)
 夜、心斎橋まで楽団の練習に自転車で。
*ハマグリとズッキーニのリゾット、大根サラダ、コールスロー、カボチャのココナッツカスタード蒸し。

二月五日(木)
*ズッキーニと茸のパスタ、大根サラダ、コールスロー、カボチャのココナッツカスタード蒸し。

二月六日(金)
*ズッキーニとキャベツのチーズリゾット、大根サラダ、コールスロー。

二月七日(土)
 昼前まで寝ていて、ちょっとだけ文章を打ち込んだりして、夕方、図書館へ行く。今日はこれまでに通ったことのない道を歩いていったので、途中に古くてかっこいいアパートや「おじゃる丸」にでてくるような神社があったり、道端の溝のなかに立派な白い猫がいたりしてなかなかおもしろかった、ってなんだか小学生の日記みたいだなあ。まあそんな毎日しか送っていないのだから仕方がないのだろうなあ。ネットなんかで他人の日記を読むとみんな忙しそうにしていて、えらいなあ、などといつも感心してしまうのだが、こんなことでいいのだろうか。まあ、そんなことではよくないと言われてもどうしようもないけど。夜、一時間ほど走る。
*ほうれん草と大根の葉のバター炒め、大根サラダ、白米、キムチ、コールスロー、豚角煮、カボチャのココナッツカスタード蒸し。

二月八日(日)
 昼過ぎから夕方まで、劇団の稽古場で、発起塾の公演の稽古。発起塾というのは、五十歳以上を対象にした演劇の塾みたいなもので、その公演に手伝いで私も出演しているのである。
*生ハム、バゲット、チーズ、大根サラダ、コールスロー。

二月九日(月)
 昼間はちょっと書いて、夕方から発起塾の稽古のため元町へ。
*押し麦入りご飯、キムチ、味噌汁、角煮、烏賊煮物、大根サラダ、マッシュポテト。

二月十日(火)
 昼間、ちょっと走って、それから妻にスキカルで散髪してもらう。
*押し麦入りご飯、キムチ、味噌汁、角煮、大根サラダ、マッシュポテト。

二月十一日(水)
 午後は劇団の稽古場で発起塾の稽古。
*カレー、大根サラダ、コールスロー。

二月十二日(木)
 朝から劇団の稽古場で唐口一之さんにトランペットのレッスンを受ける。練習曲は「Summer Time 」。今日からマウスピースを唐口さんが設計したものに換えたのだが、なかなか具合がよさそうである。これまでのより音が軽く立ちあがる感じがする。
 午後、接骨院へ行って、帰りに久しぶりに四天王寺の亀の池を覗く。もう暖かくなってきたからか、たくさんの亀が甲羅を干している。そんな亀と亀の隙間に、この冬を越えられなかった亀が何匹かひっくり返って死んでいた。よく泥のなかから首を伸ばしていたスッポンを探したのだが、見当たらず。
 夜、一時間ほど走る。
*鉄板焼き

二月十三日(金)
*韓国冷麺。

二月十四日(土)
 発起塾、本番。早めに劇場についてしまったので新開地の商店街をうろうろ。いやなつかしいなあ。会社勤めをしていた頃、休みの日にはよくこのあたりで映画を観ていたのである。じつは『ザリガニマン』に出てくる映画館はこの新開地の「パルシネマしんこうえん」(当時は新公園劇場という名前だったと思う)がモデル。本番終わって、そのまま打ち上げ。紙袋いっぱいのチョコレートを持って夜中に帰宅。なんというか「マイ・ファニー・バレンタイン」だなあ。
*打ち上げメニュー。

二月十五日(日)
 民族学博物館のアルバイト仲間であるサックス奏者の井上智士氏のお宅訪問。ミュージシャンなどというヤクザな稼業にもかかわらず彼はマンションを買い、そこに防音室を作りグランドピアノまで置いている。これではまるで金持ちみたいではないか。こんなことをして大丈夫か。
 もともとはエスプレッソマシンのお披露目という名目だったのだが、バイトでお馴染みの連中がぞろぞろやってきて結局宴会みたいになって、井上君が手際良く作るけっこう凝った料理をご馳走になり、もちろんエスプレッソも飲んで、夜中に帰宅。
 それにしても、住まいというのは住んでいる人の性格をそのまま反映するものだなあとつくづく思う。
*ジャガイモとタマネギのサラダ空豆ソース、サトイモ煮蟹あん、春巻、わらびもち、エビチリ、麻婆豆腐、白子の揚げ物、鳥ミンチと筍の揚げ物、キャベツご飯、えびせん、イチゴ、アイスクリーム、エスプレッソ。



無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラス ト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]