カメ天国通信


その96

【カメ人間日記】
(2004年9月後半)

九月十六日(木)
 大工道具館でいろいろと縛る。
*カレー、小松菜の煮浸し、セロリとカニカマのサラダ、ヨーグルト、柿。

九月十七日(金)
 大工道具館で縛ったものを持ち上げたり吊り下げたりする。本日で大工道具館の仕事は終了。打ち上げに飲みに行きたいところだが、あいにく今日は稽古日である。そのまま劇団の稽古場へ。
*発芽玄米、冬瓜のあんかけ、小松菜の煮浸し、鯖の塩焼き、アサリの味噌汁。

九月十八日(土)
 夜は劇団の稽古。
*カレー、ヨーグルト、セロリとカニカマのサラダ、ホワイトチョコレートのロールケーキ。

九月十九日(日)
 朝から妻と鶴橋の商店街のフリーマーケットに行く。フィギュアとか体重計とか、けっこういろいろと買った。
 夜、一心寺シアターで、舞台にリノリウムを張るアルバイト。なんだか今週はアルバイトばかりしていたなあ。
*チゲ、ホワイトチョコレートのロールケーキ、葡萄、梨。

九月二十日(月)
 午後、稽古場でトランペットのレッスン。ブルースのリフ。
 夕方、妻と近所の古道具屋へ。前から気になっていたエスプレッソマシンを買う。聞いたこともないメーカーだったのでちょっと心配だったのだが、スチームボールのような頼もしい蒸気でミルクの泡もふんわりとできる。なかなかいい買い物だった。
*チゲ、梨、ホワイトチョコレートのロールケーキ。

九月二十一日(火)
*カレー、ヨーグルト、セロリとカニカマのサラダ、葡萄、リンゴ、ホワイトチョコレートのロールケーキ。

九月二十二日(水)
*白米、豚汁、野菜炒め、赤ピーマンとカッテージチーズのサラダ、鯖塩焼き、スイートポテト、だんご、葡萄。

九月二十三日(木)
 妻と難波パークスのあたりをぶらぶらする。あの斜面の庭園はなかなかよくできていると思う。一方、高島屋の屋上はあいかわらずいい感じに寂れていた。うちの近所には楽器屋がないので、難波に出てきたついでにトランペットのバルブオイルも買いに行くと、いつも買うオイルの隣にライトというのが置いてあって、オイルでライトとはいったいどういうことなのかよくわからないが、わからないままなんとなくそっちを買ってしまった。あと、なぜか体脂肪計とか鉢植えとか目覚し時計を貰ったりもした。ひさしぶりに三十分ほど走る。
*カレー、ヨーグルト、梨。

九月二十四日(金)
 夜は劇団の稽古。
*発芽玄米、豚汁、カレイのフライ、ひじき煮つけ、小松菜のクリーム煮、スイートポテト、チェー。

九月二十五日(土)
 桂雀三郎つるっぱし亭を観に行く。うちから自転車で十五分たらず。いやそれにしても、テレビやラジオの演芸番組を録音して何度も聞いていた小学生の頃には、『天王寺詣り』などというテレビやラジオなどではめったにやらないようなネタを、天王寺のすぐ近くでしかもお彼岸の最中に、生で観ているなどということは想像することもできなかったなあ。大人になるというのはなかなかいいものである。
*ハマグリと野菜、素麺炒め、カッテージチーズと野菜のサラダ、リンゴ、スイートポテト。

九月二十六日(日)
*発芽玄米、豚汁、セロリとカニカマのサラダ、鯖の塩焼き、カッテージチーズと野菜のサラダ、スイートポテト。

九月二十七日(月)
 夜、一時間ほど走る。
*発芽玄米、豚汁、野菜炒め、セロリとカニカマのサラダ、スイートポテト。

九月二十八日(火)
 夜は劇団の稽古。
*アサリと野菜のトマトソースパスタ、セロリとカニカマのサラダ。

九月二十九日(水)
 夜は劇団の稽古だったのだが、台風直撃のためお休み。台風で稽古が休みになるのは三回目。
*発芽玄米、豚汁、野菜炒め、ラタトウユ、セロリとカニカマのサラダ、卵焼き、ひじき煮つけ、スイートポテト。

九月三十日(木)
 午後、A社のKさんが来て、来年の連載の打ち合わせ。といっても、もうほとんど下書きはできてしまっているので、一回分の枚数とかイラストとかそんなことくらいである。まあそうでないと怖くて連載なんか引き受けられないよ。
 夕方、映画監督の樫原さんが来て、鍋を食いつつまだここには書けないあれこれについて、いろいろと話す。
 今日はお客さんの日だった。
*チゲ、たこ焼き、洋梨、リンゴ。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラス ト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]