カメ天国通信


その97

【カメ人間日記】
(2004年10月前半)

十月一日(金)
 『誰も知らない』を観る。こういうのは映画でないとできないおもしろさだろうから、そういう意味でとても映画らしい映画。ちょっと長いとも思ったが、それでもまあこれだけおもしろいんだから別にいいか。いや、ほんとおもしろかったです。
 夜は劇団の稽古。
*チゲ、スイートポテト、洋梨、バナナ。

十月二日(土)
 夕方、桃谷のあたりを散歩。夜、五十分ほど走る。
*押し麦入りご飯、レバニラ炒め、ニラ玉、豚汁、セロリとカニカマのサラダ。

十月三日(日)
 夕方、巽のあたりを散歩。散歩にちょうどいい季節になって嬉しい。
*明太子スパゲティ、セロリとカニカマのサラダ、スイートポテト、洋梨。

十月四日(月)
*押し麦入りご飯、キムチ、テッチャン、セロリとカニカマのサラダ、ハムサラダ、トムヤムスープ、辛子明太子。

十月五日(火)
 夜、桂雀三郎みなみ亭へ。田中啓文を雀三郎師匠に紹介する。そのまま打ち上げにお邪魔し、そのあと田中さんとふたりで飲みに行くと、すぐ隣の席で飲んでいるのはなんと千鳥の大悟ではないか。さすがはミナミだ。だらだら飲みながら、さっき観た落語がいかに素晴らしかったか、という話を延々する。やっぱりいいものを観て、そのことについてあれこれ話すがいちばん楽しい。二時半頃、自転車で上町台地を越えて帰宅。
*ビアホールにあったもの。

十月六日(水)
 夜は劇団の稽古。
*ドリア、サラダ、トムヤムスープ、バナナケーキ、葡萄。

十月七日(木)
 夕方、桃谷あたりを散歩。夜、五十分ほど走る。
*発芽玄米、茄子の浅漬け、野菜炒め、蜆の味噌汁、サラダ。

十月八日(金)
 夜は劇団の稽古。
*鰻丼、蜆の味噌汁、サラダ、葡萄、枝豆。

十月九日(土)
 夜、三十分ほど走る。
*ドリア、トムヤムスープ、柿、マッシュルームサラダ、枝豆、練り羊羹。

十月十日(日)
 稲刈りのために田舎に帰る。台風のせいで田んぼはびちゃびちゃ、稲は濡れて重い。
*揚げソバ、餃子。

十月十一日(月)
 稲刈り。夜、米袋を担いで大阪に戻ってくる。
*焼肉。

十月十二日(火)
 夜は劇団の稽古。
*ステーキ、白米、マッシュポテト、小松菜の煮浸し、葡萄、練り羊羹。

十月十三日(水)
 夜は劇団の稽古。
*玄米、オニオンスープ、大根の葉のキンピラ、鰯若干し、豚汁、小松菜の煮浸し、大根サラダ、マッシュポテト、柿、葡萄。

十月十四日(木)
 雑誌『奈良人』の連載エッセイの取材で、奈良の桜井へ。今回は亀パンを買いに行って、それから山の辺の道を歩くのである。なかなかよく歩いた。
 夜、テレビにムーンライダーズが出ていたのだが、ますます妖怪軍団みたいになっていてかっこよかった。たぶん、小説を書くうえで、もっとも影響を受けたバンドだろう。
*天麩羅うどん、マッシュポテト、枝豆。

十月十五日(金)
 夜、五十分ほど走る。
*白米、冷奴、アサリの味噌汁、ほうれん草とシラタキのバター炒め、大根サラダ、焼き豚、小松菜の煮浸し、アボカド、柿。



無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラス ト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]