カメ天国通信


その98

【カメ人間日記】
(2004年10月後半)

十月十六日(土)
 稲刈りに田舎へ帰る。
*回転寿司。

十月十七日(日)
 生野祭りというのが近所であって、フリーマーケットとかあるので見に行く。「スチームボーイ」のマグカップやらムックのぬいぐるみやら蛸のぬいぐるみやら「すごいよ! マサルさん」のサントラCDやら「2001年宇宙の旅」Tシャツやら潜水夫のオモチャやら、他にもいろいろと変なものを買ってしまう。夜、五十分ほど走る。
*キムチチャーハン、小松菜のスープ、鶏とひじきの煮物、卵焼き、大根サラダ、枝豆、リンゴ。

十月十八日(月)
 稽古場でトランペットのレッスン。ブルースのリフと循環コード。
 夜は劇団の稽古。帰ってきてから「サボテンジャーニー」という四回だけのテレビドラマを観る。もちろん市川実和子が目当てである。あいかわらずの爬虫類顔といか両生類顔というか、とにかくとてもよかった。
*白米、鯖塩焼き、キムチ、小松菜スープ、大根サラダ、鶏とひじきの煮物、ほうれん草のバター炒め。

十月十九日(火)
 夜は劇団の稽古。帰ってきてから「サボテンジャーニー」の第二回を観る。
*鉄板焼き、白米。

十月二十日(水)
 台風のため劇団の稽古は中止。なんと、台風で稽古中止はこれで四回目である。いったいどうなっているのだ。それはそれとして「サボテンジャーニー」第三回を観る。
*玄米、トムヤムスープ、ひじきと蒟蒻の煮物、大根の葉のキンピラ、大根サラダ、ホルモン焼き、枝豆、バナナケーキ。

十月二十一日(木)
 午後、美章園のあたりを散歩。夜、劇団の稽古。帰ってきてから「サボテンジャーニー」第四回を観る。えっ、これで終わりなの? 市川実和子がよかったから別にいいけど。
*白米、おからバーグ、コロッケ、メンチカツ、トムヤムスープ、大根の葉のキンピラ、大根サラダ、焼き豚、キムチ、バナナケーキ、リンゴ。

十月二十二日(金)
*発芽玄米、豚汁、おからバーグ、焼き豚、玉葱とマッシュルーム炒め、大根とマッシュルームのサラダ、小松菜のお浸し。

十月二十三日(土)
 夕方から劇団の稽古。帰ってくると新潟がえらいことになっていた。
*稽古途中にシリアルバー、帰ってきてから枝豆。

十月二十四日(日)
 朝から劇団の用事で夕方まで平野の周辺をうろうろ。以前売り切れで買えなかった念願の亀饅頭もゲット。夕方から稽古。
*稽古途中にシリアルバー、帰ってきてから椎茸ポタージュ、枝豆、亀饅頭。

十月二十五日(月)
 夜は劇団の稽古。
*もちもち黒御飯、大根とマッシュルームのサラダ、牛テールスープ、豚肉と小松菜の豆乳煮浸し、ひじきの煮物、焼き豚、玉葱とマッシュルーム炒め。

十月二十六日(火)
 夜は劇団の稽古。
*発芽玄米、豚肉と小松菜の豆乳煮浸し、牛テールスープ、ひじきの煮物、牛レバー炒め。

十月二十七日(水)
 仕込みのため朝から劇場へ。
*カレー。

十月二十八日(木)
 舞台で転換とかそのあたりの段取りの稽古。夜、舞台で本番通りのリハーサル、いわゆるゲネプロ、というやつである。
*カツカレー。

十月二十九日(金)
 初日。
*白米、おでん。

十月三十日(土)
 昼と夜の2ステージ。
*エビカレー。

十月三十一日(日)
 楽日。そのまま舞台をバラして稽古場で打ち上げ。夜中に衣装やら楽器やら抱えて帰宅。
*鍋とかいろいろ打ち上げメニュー。


無断転載禁止 (c) Yusaku Kitano/Hiroko Morikawa(イラスト)
[  カメ天国通信 に戻る |  前のページへ |  次のページへ ]