箱庭師あいさつ


北野勇作的箱庭』へようこそ。

 名前の通り、ここには「北野勇作的」なるものが、がちゃごちゃごちゃがちゃとまことに好き勝手に並べられています。眺めるなり、並べ替えるなり、何かを付け加えるなり、精神分析するなり、御自由にお楽しみ下さい。
北野勇作



 



【 自 己 紹 介 】

 名 前  北野勇作
 生年月日  1962年3月22日
 血液型  B型
 出身地  兵庫県高砂市曽根町
 現住所  大阪市
 免 許  普通 中型二輪 フォークリフト


 1991年、『昔、火星のあった場所』(新潮社)で、日本ファンタジーノベル大賞・優秀賞を受賞。小説以外にも、劇団で芝居をやったり、ラジオドラマを書いたり、他にもいろいろごちゃごちゃと落ち着きなくやっておりますが、まあくわしくは箱庭のほうで。


【作品リスト】

 長 編

『昔、火星のあった場所』(徳間デュアル文庫)
『クラゲの海に浮かぶ舟』(徳間デュアル文庫)
『かめくん』(徳間デュアル文庫)
『ザリガニマン』(徳間デュアル文庫)
『どーなつ』(早川書房)
『北野勇作どうぶつ図鑑1〜6』(ハヤカワ文庫JA)
『ハグルマ』(角川ホラー文庫)
『人面町四丁目』(角川ホラー文庫)


 短 編

『インテリジェント・コンビニエンス』【小説王・1994年2月号】
『昔の実験』【小説王・1994年4月号】
『西瓜の国の戦争』【小説王・1994年12月号】
『手のひらの東京タワー』【SFマガジン・1994年2月号】
『押し入れのヒト』【SFマガジン・1994年8月号】
『ヒトデナシの海』【SFマガジン・1995年3月号】
『カメ天国の話』【SFマガジン1995年・5月号】
『ペットを飼うヒト』【SFマガジン1996年・6月号】
『新しいキカイ』【SFマガジン・1997年3月号】
『虫歯治療』【SFマガジン・1998年7月号】
『蛇を飼う』【SFマガジン・1999年12月号】
『曖昧な旅』【SFマガジン・2000年6月号】
『よくある話』【SFマガジン・2000年12月号】
『雨の国で』【SFマガジン・2001年5月号】

*アンソロジー収録作

『ホテルさくらのみや』【日本SFの大逆襲! 鏡明編】
『ペットを飼うヒト』【現代の小説1997】
『肉食』【屍者の行進 異形コレクション6・井上雅彦編】
『シズカの海』【月の物語 異形コレクション8・井上雅彦編】
『螺旋階段』【グランドホテル 異形コレクション9・井上雅彦編】
『楽屋で語られた四つの話』【俳優 異形コレクション13・井上雅彦編】
『蛇腹と電気のダンス』【SFバカ本・人類復活扁】

*連作短編
『大阪夢現地図』(全12回)
【大阪人・1998年1月号〜12月号】

*ショートショート
『桜に亀』『鯉のぼり』『カエル通信システム』『蝉時雨』『クラゲの夏』『ラッパ犬の話』『ザリガニさま』『豆狸祭』『卵の記憶』『お猿電車』『蛍雪』『蟻の行列』 【産経新聞1997年4月〜1998年3月】

 ラジオドラマ脚本

『昔、火星のあった場所』(全10回)【NHKFM・青春アドベンチャー】
『日常生活の冒険』(全5回)【NHKFM・青春アドベンチャー】
『路地裏のエイリアン』(全10回)【NHKFM・青春アドベンチャー】
『勤務時間内戦争』【NHKFM・FMシアター】
『弁天座版・浦島太郎』【MBSドラマの風】


[ Top page に戻る ]